企業理念


アメリカやヨーロッパ、アジアでも外国人が日本で建築する場合日本の建築業界のことが理解できないようです。
欧米では、個人宅などでは特にDIYなどの大型ショップで図面を買い、材料も施主自身で買い求め、工事業者様(大工、塗装、屋根の職人)も施主自身で集めて、住宅を建てている現状です。

近年では、外資系企業が日本で建築する場合、母国から建築の専門家を呼び、マネジメントをしてもらいながら建築するといったケースも現れています。その方が、日本企業へ建築を依頼するよりも、ずっと安くなって、良い建築が出来た、という報告もあります。
今までの常識では考えられない事かもしれませんが、このように、新しい考え方による建築が現れております。

建築主が本当に望む物を手に入れるには、建築を依頼する人(施主)が主役となり、現状の建築業界独特の考え方や仕組みから脱却しなければ、本当に納得の行く建築は行えないものと、思われます。

建築業界は日本で最も改革が遅れている業界と言われ、長年前記したような仕組みが変わらず、建築主(施主)には金額の分かりずらい部分が多いのが現状です。

そこで当社は、DIYショップでも取り扱いの少ない『窓』を施主様へ販売を始めました。
価格を抑える代わりに施主様自身で「商品選択・業者の選択」等、元請様が通常行なわれています業務を行ないませんと実現はしません。その代償としてご自身の納得のいく商材を予算内に収めることが可能となります。
住宅は一生に何度も購入できない品物です。十分な時間をかけ納得のいく商材を選び購入されることが何よりだと思います。

当社が扱う玄関ドア・窓等の低価格での販売は、ノック(未組立)販売・宅配業者配送という販売方法にて実現されています。

通常アルミ(樹脂)部分をアルミ(樹脂)メーカーから、ガラスはガラスメーカーから仕入れ、当社組立工場にてドア・窓等を製作し、建築現場へ自社配送にて運搬し、現場で大工様が取り付けるという流れが一般的なところを、硝子の組込までを当社が行い、硝子の組込を行わない、枠・ドア等をお客様側で組立を行なうことで、可能になっています。

組立に関しましては、現在まで多くのお客様にご利用していただいておりますが、同梱されております組立施行説明書にて問題なく行なえております。

過去のお客様で、
☆『ご自分で大工さん』をし、一からご自宅を建築している方
☆ 大工様をご自身で契約し『釘1本からご自身で購入』されて建てられている方
☆ 建築会社へ依頼し、ご自身で見つけた『商材のみを支給』する形の『分離発注』にて建築されている方等
様々な施主様のお手伝いをさせていただいてきました。

これからも当社では、出来る限りお客様のお手伝いが出来ればと思っております。

代表取締役 坂田 尚也